トップページ > 太陽光発電

太陽光発電Solar

  • 太陽光発電とは
  • 太陽光発電に適している屋根とは
  • 余った電気はどうなるの?
  • 補助金などはでるの?
  • 屋根に穴をあけない工法って?
  • 取り扱いメーカー一覧

    • SHARP    国内NO,1メーカー
          屋根に穴を開けない施工が可能です!
    • MITSUBISHI    パワーコンデショナーの変換効率がNO,1
          屋根に穴を開けない施工が可能です!
    • Panasonic    コンパクトなモジュールで狭いスペースも有効に設置できます。
    • SANYO    発電効率NO,1のモジュール、「HIT」があります。

    太陽光発電とは

    太陽光発電とは

    太陽の光エネルギーを電気に変え、
    ご家庭で優先的に使うことができる太陽光発電。
    昼間太陽がサンサンと照っている間は、このシステムでテレビや
    冷蔵庫、エアコンなどの電化製品を動かすことができます。
    使っている電気の量よりも、発電している電気の量が多ければ、
    その間の電気代は基本的には無料です。

    地震や台風などの災害により、もしも長期間停電になった場合でも、
    太陽光発電なら自立運転モードで電気を供給。
    専用のコンセントに、使用したい電気製品を差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。

    太陽光発電のメリットを箇条書にすると、下記のようになります。

    • 発電した電気を使える
    • 余った電気が売れる
    • 災害時にも電気を使用でる(発電中のみ)
    • パネルの断熱効果で、屋根裏温度が下がる
    • 二酸化炭素の排出を減らせる
    ページトップへ戻る

    太陽光発電に適している屋根とは

    -太陽光発電に適している屋根とは

    太陽光発電システムは主に屋根に設置します。
    屋根といってもその形状は実に様々です。
    切妻、寄棟、入母屋、陸屋根など形状も様々ですし、
    屋根の面積も異なります。
    さらに屋根が向いている方向(角度)もあります。



    太陽光発電における基本は、日当たりの良い「南側」がベストです。
    また、光の当たりやすさから角度(勾配)は30度程度がベストといわれています。
    ですが、角度による影響はおおよそ20度〜40度くらいまでの傾斜であれば微小です。

    太陽光発電とは

    ただし、方角はかなり大きな影響を与えます。
    南向きを100%とした場合、
    南東・南西:95%
    東向き・西向き:85%
    北向き:65%


    我家の屋根は適しているのか?まずは下見をさせてください!

    方位・勾配・面積・障害物(影になるもの)をを確認させて頂きます。
    この時点で向いてるかどうかは、だいだい判明します。

    下見で問題がなかった場合、お見積りをさせて頂きます。もちろん無料です。
    その後、一度お気持ちをお伺い致しますが、それ以上の営業行為は行いませんのでご安心ください。
    しばらくたってからの施工は、商品の価格等が変動致しますので、再度お見積りさせて頂きます。
    ご納得頂ければ、施工させて頂きます。
    下見は、15分から30分程度、お家の外回り(屋根上含む)の確認、採寸のみです。

    ページトップへ戻る

    余った電気はどうなるの?

    余剰電力買取制度













    ソーラー住宅の太陽光発電システムによって発電された電力のうち、
    余った余剰電力を電力会社に買取りをしてもらえます。
    2009年11月より電力の買取価格(売電価格)が約2倍になり、
    ますます注目が集まる仕組みになりました。
    23年度の1kWhの買取価格は42円です。

    ページトップへ戻る

    補助金などはでるの?

    今、ご家庭に太陽光発電システムを設置すると、
    国から1kWあたり4万8千円の設置補助金が支給されます。
    例えば、3.5kWのシステムなら設置補助金額は16万8千円です。
    お住まいの都道府県・市区町村によっては、独自に設置補助金制度を設けている自治体もあります。
    都留市では、1kwあたり2万円、上限5万円になります。

    ページトップへ戻る

    屋根に穴をあけない工法って?

    キャッチ工法

    太陽光発電の装置は主に住宅の屋根に取り付けます。
    その時、金具を使って固定するのですが、
    屋根に直接穴をあけて、固定する方法がよく用いられます。
    その箇所が、老朽化してくると隙間ができ、
    雨漏りする可能性があります。

    「キャッチ工法」とは、
    しっかりと屋根下地に固定されている"屋根材"に、
    金具で太陽光パネルを固定する工法です。
    どのような素材を使っている屋根なのか、また下地は傷んでいないかなどを確認し、
    キャッチ工法が可能かどうか判断します。場合によってはキャッチ工法が使えない場合もございます。

    ページトップへ戻る

    屋根 屋根

       

    雨どい 雨どい

       
    Copyright(C) 長田板金工業 All Rights Reserved.